若宮八幡社の御朱印と見どころ

 御朱印

名古屋の矢場町にある若宮八幡社でいただける御朱印は1種類です。
御朱印料(値段)は300円です。
御朱印をいただいた際に墨や朱肉が写らないように紙を挟んでいただけるのですが、その紙がなんともかわいらしいです。
若宮八幡社のスタンプときれいな千代紙が貼ってあります。
こういった気遣いは嬉しいですね。

若宮八幡社の御朱印

 

若宮八幡社

 

【お神社の見どころの紹介】

本殿とその他のお社

若宮大通沿いの鳥居3つのうち真ん中の鳥居から参拝すると本殿にストレートにたどり着きます。
本殿に祀られているのは『仁徳天皇』『応神天皇』『武内宿禰命』です。
こちらの神社は本殿の向かって右側の奥の空間にいくつもの神社があり、木陰になって少し薄暗い道を奥へ奥へと進むのが少し神秘的です。
『若宮恵美須神社』『連理稲荷神社奥之院』『熊野社・日吉社・香良洲社・天神社・秋葉社合殿』『産宮住吉神社』『針塚』といった具合に奥へ行く道の両側に神社が連なっています。

 

迎賓館の中庭カフェでランチ

若宮八幡社では迎賓館で結婚式が挙げられるのですが、のそ迎賓館の中庭カフェでとっても素敵なランチが食べられます。
そのお味は名古屋観光ホテルで人気のメニューです。
カフェの営業日は決められているのでオフィシャルHPで営業日をチェックしてお出かけ下さい。
迎賓館は本殿向かって左手にあります。

小さなお社がたくさんありますが、参拝の所要時間は30分もかからないでしょう。
名古屋の栄地区もしくは伏見地区に訪れた際は参拝してみるのもよいですね。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
2017年6月8日 by gogogosyuinnagither

コメントを残す